東京都大田区羽田4-15-1
ファミーユ1F
Tel. 03-3745-6487
Fax. 03-3745-6487

大田区/歯科【あめみや歯科医院】京浜急行空港線穴守稲荷駅のホワイトニング、インプラント、PMTC、予防歯科、審美歯科、口腔外科

 
QRコード
 

バルプラストの入れ歯

バルプラスト入れ歯について

バルプラスト入れ歯について

※バルプラスト義歯とは、金属のバネを使わない部分床義歯をいいます。

- 特徴 -

審 美
歯の表面に金属スクラプ(バネ)が無いので義歯を口腔内にいれても義歯と気付かれない。
快 適
義歯床の厚さがかなり薄くできるので、違和感が少なくなる。
機能性
咀嚼・発音機能は平常通りで、安定性もよく従来の義歯の1/2の重さである。
精 度
同一材料で義歯の維持部・床部を製作するので、精度の高い義歯ができる。
安全性
無味・無臭でアレルギー反応もない。

バルプラストの3大特徴

バルプラストの3大特徴

1 弾力性の高い材質により薄い仕上がり、お口の中が快適です。

2 装着した時は入れ歯の色調が同化しているため、一目では区別がつきません。

3 金属のバネがないので金属アレルギーの心配もありません。

Q.なぜこんなに曲がるのですか?
A.ナイロン製の材質は高い柔軟性を持っていますが、ゴムのような弾力とは違います。
薄い部分は柔軟に密着、厚い部分は、プラスティックより強くなります。

Q.私の入れ歯は割れるのですが・・・
A.硬いプラスティックは強い衝撃で割れますが、ナイロン製の材質は衝撃を吸収・分散して割れません。(人工歯は対象外)

Q.保険の入れ歯との違いは?
A.バルプラストは金属を使わず、材質も軽くて割れません。
しっかり密着して目立ちにくいので、保険義歯のように、相手の視線を気にする必要もありません。

バルプラストの入れ歯とバネ式の入れ歯との比較

バルプラストの入れ歯とバネ式の入れ歯との比較1

バルプラストの入れ歯

スーパーポリアミドというナイロン系の素材で出来ているため、薄くて軽い仕上がりです。
弾力性の高い素材を使用しているため、破折にも強い。
金属のバネが無いので残った歯を痛める事が少ない。

バルプラストの入れ歯とバネ式の入れ歯との比較2

バネ式の入れ歯

従来の素材で作る為バルプラストの入れ歯より重く、破折にも弱い。
見た目ですぐに入れ歯を使用している事がわかってしまう。
金属のバネの負担により残った歯を痛める場合があります。